ありえるのブログ

新婚生活や妊活について書いていきます!

小児用バファリン

連続で義姉のことになってしまいますが、

体外受精8回目でなぜ妊娠できたかというと、病院かえて治療で小児用バファリンを飲んだらしいです。


直接聞けていないので詳しいことは分からないのですが、特に検査で問題ない人が妊娠できない理由として、何かの抗体があるそうです。そしてそれがあると着床しずらいため、小児用バファリンで血液をサラサラにして着床しやすくするみたいです。


8回、5年も妊娠しなかったのに、、、小児用バファリン恐るべし。

義姉の妊娠2

3連休に、夫と息子と義実家へ行こうと思っていました。ほぼ毎月孫の顔を見せに行ってましたので。

…が、今回は夫一人で来た方がいいと言われたことが分かりました。


理由は、妊娠初期のお義姉さまが体調悪くすでに帰省してるが、まだ安定期でないので私には妊娠を知られたくないからだそうです。


気持ちは分からなくはないが、32週まで働いて家事もしてた私からすると8週から里帰り出産なんて甘ったれに思えます。37歳にもなってまだ親に頼るんだ…とも思ってしまいます。

でも、自分には近くに頼れる優しい母がいないので嫉妬もあるかもしれません。 


娘の子供のほうが可愛いという話を聞くので、義姉の子供が産まれたら、自分の子供が可愛がられなくなるんじゃないかという不安もあります。


一方で、彼女は体外受精8回目でやっと妊娠できたそうなので、大事をとりたい気持ちも分かります。私の妊娠素直に喜べず冷たくした気持ちも頭では理解してますが根に持ってる自分もいます。


でも、子供のために仲良くしないと!!と複雑な気持ちです。


あー!もっとさっぱりした性格に産まれたかったな。

義姉の妊娠

義姉が妊娠したそうです。

息子に歳の近いいとこができること、嬉しいです。


ただ、少し複雑な思いもあります。

なぜかというと、私の妊娠出産はあまり祝福されなかったからです。

出産祝いはくれましたが、妊娠中や出産後も避けられている感じ、冷たい感じがしました。一度、無視されたこともあります。


それが、先日親族で集まったときは、離乳食について質問してきたり息子と遊んでくれたりしました。

義姉は30代後半で私たちよりも早く結婚して体外受精も何度かしていたそうです。

なので、これでもし妊娠してなかったらとても素晴らしい人格のおねえさまだと思っていました。

…が、妊娠と聞いて、やっぱりなーと納得しました。


やっぱり、人間自分が辛いときに人の幸せを祝福できる人は少ないですよね。仕方ないですよね。自分だって妊娠したくてできなかったとき、子供のいる友達にあまり会いたくなかった。


こうやって少しでもおねえさまの気持ちを理解できるのも、1年間の妊活があったからだと思います。


もやもやはしますが、息子のためには一緒に遊べるいとこができるのは良いこと。

ポジティブに考えて、最大限祝福してあげたいと思います!!


ちなみに、おねえさまはお祖母さまの亡くなった日に赤ちゃんの心拍確認できたようです。お祖母さまからのプレゼントでしょうか。